*

2016年5月

注文住宅選びでは、構造が重要

注文住宅で家を建てようとしたときに、自由に設計できる間取りなどに注目が行きがちと言えますが、注文住宅で家を建てるにあたって重要になってくるのは、家の構造です。家の構造としては、鉄骨、木造という大別や、2×4工法、木造在来構造等といった建築方法も大きく異なってきます。

 

家のキッチンや照明などといった小さな部位であれば、家が建った後でもその部分だけを交換すると言った事も可能ですが、家の構造は、家が建ってしまったらもう変更することが出来ません。

 

ですから、注文住宅で家を建てるとなった時の出発点として、家の構造選びもとても重要です。工法によっては、様々な制限があって、間取りの自由度に制限があったり、逆に家の間取りなどの制限があっても、家の性能は飛び切り良くて快適な住み心地がウリのメーカーなど様々です。注文住宅で家を建てる際には、まず初めにどのような構造の家を建てるのかという事をしっかりと勉強する事も重要といえます。

neieの口コミ・評判は良いの?